将の記

リラクゼーションサロン店舗経営者のブログです

3/3 本「新しい腸の教科書」を読んで!

健康なカラダは、すべて腸からはじまる!

 

新しい腸の教科書 健康なカラダは、すべて腸から始まる

新品価格
¥1,540から
(2021/4/3 12:34時点)

 Amazon スポンサーリンク

 

 

 

食事は腸内細菌の大切なパートナー


とくに腸内環境の大きな影響を与えているのが
食事です。


まず、腸に入ってきた食べものは、腸内細菌のエサとなり
発酵、分解されることで、体に吸収されやすい物質に
変化します。


体に良い栄養を与える善玉菌は、バランスの良い
食事を好みます。


野菜や果物が好物で、腸に入ってくると乳酸や
酪酸、ビタミンB群など体に有益な物質をつくり
出します。


逆に体に悪い影響を与える悪玉菌は、高脂質や
高カロリーの偏って食事の過剰摂取が好物です。


アンモニアやアミン、二次胆汁酸などの有害な物質を
生成する原因となります。


腸内細菌は、人が生まれてから死ぬまで腸の中で
食べものをエサとして生きています。


つまり、食事は腸内細菌を善にするも
悪にするも大切なパートナーです。


食生活を意識して、悪玉菌の繫殖を抑制し
腸の働きを促進させることが大切です。

 

 

f:id:masanoki:20210401083857j:plain

 

 

健康な腸にしてくれる「4大食品」


健康な腸を目指すためには、1日にとる
食品の数を増やすことが大切です。


何を食べるかが重要なので、善玉菌が育ちやすく
腸の強い味方になる食品を紹介します。


それは、「発酵食品」、「水溶性植物繊維」
オリゴ糖」、「EPADHA」の4つです。

 

 

 

発酵食品


発酵食品は、善玉菌を刺激して腸の
ぜん動運動を活性化させます。


納豆やヨーグルトなどには、善玉菌の
エサになるだけではなく


腸内を弱酸性にして悪玉菌が増えるのを防ぐ
効果もあります。

 

主な食品


ヨーグルト

納豆

味噌

漬物

 

水溶性の食物繊維


食物繊維は、加齢とともに乱れがちな
腸内環境のバランスを整えてくれます。


善玉菌が水溶性食物繊維を分解したときに
つくり出される、短鎖脂肪酸の脂肪燃焼効果にも
注目が集まっています。

 

主な食品


海藻

ごぼう

もち麦

ブロッコリー

野菜

果物

 

オリゴ糖


オリゴ糖には、ビフィズス菌などの乳酸菌の
エサとなって善玉菌を増やす効果があります。


悪玉菌のエサとならないため、効率よく善玉菌だけを
増やすことができるのが特長です。

 

主な食品

 

バナナ

玉ねぎ

はちみつ

 

EPADHA


EPADHAは、体内で生産できないため
食事からとる必要があります。


腸のなかの炎症を鎮め、善玉菌が増えやすい
腸内環境を整えるだけでなく、潤滑油として
便の通りをよくする効果も期待できます。

 

主な食品

 

青魚

亜麻仁油

 

 

f:id:masanoki:20210405092852j:plain

 

紅花食品 亜麻仁一番搾り 170g

新品価格
¥945から
(2021/4/5 09:29時点)

 Amazon

この亜麻仁油を、私も実際に摂っています。

 

 

 

末広が本書より、抜粋してまとめております。
本書には、料理の紹介、運動、トレーニングなど

 

まだまだ詳しい情報が書かれておりますので
詳しく勉強したい方は、ぜひ本書を手にとり読んでください。

 

今回紹介した本は、「もみほぐしスタジオ」に
ございます。


ご来店のお客様には、無料で貸出をしておりますので
気軽にお尋ねください。